【ネタバレビュー】『ハロウィン』殺人鬼ブギーマン再来!

マイケル・マイヤーズを追うキャスター2人


1978年で起きた猟奇殺人事件から40年の2018年。

キャスターのダナ・ヘインズ(ライアン・リース)とアーロン・コリアー(ジェニファーソン・ホール)は療養所に訪れ、当時精神科医サム・ルーミスから引き継いだランビル・サルトン博士(ハルク・ビルジナー)に連れられマイケル・マイヤーズ(ニック・キャッスル)にインタビューをする。

マイケルは当時付けていたマスクを見せても口を開くことはない。しかし周りの患者が何かを感じ取ったのか気勢を上げたり、手錠に繋がれた鎖を振り回したりと辺りは異様な雰囲気に。

“【ネタバレビュー】『ハロウィン』殺人鬼ブギーマン再来!” の続きを読む

【ネタバレビュー】『シャザム!』暗いイメージのDCにおちゃらけヒーロー登場!!

魔術師に導かれるサディアス少年といたずら少年ビリー・バットソン


父親の運転する車に兄と乗るサディアス少年は、振ると模様が出るマジックボールで遊んでいたら、見慣れない模様が出ます。

車窓を見ると凍り付いくような現象になり、気が付くと永遠の岩という場所に着いていました。

そこに魔術師が現れ勇者には相応しくないと言い現在に戻します。

突然の出来事に騒ぐサディアス少年、父親はびっくりして車がスリップ→トラックに激突。

父親は重傷で駆け寄る兄はサディアスに「お前のせいだ」と言い放ちます。

幼いサディアスはこの二人にかなり下に見られていました。蔑みもかなりのもの。この時期にこの扱いは自尊心は砕かれ自己肯定感も失われているでしょう。典型的なヴィラン思考が植え付けられている印象です。

“【ネタバレビュー】『シャザム!』暗いイメージのDCにおちゃらけヒーロー登場!!” の続きを読む

【ネタバレビュー】『アベンジャーズエンドゲーム』MCUよありがとう!!(その2)

石集まったけど、誰が指パッチンする??

タイムトラベルにより、ついに6つのストーンが集まりました。

みんな現代に戻ってきてクリントが床に崩れ落ちます。無理もない、ナターシャが死んだんですもんね。

ナターシャを悲しむ一向に、アル中から回復したソーが石で戻しゃいいじゃん!と言いますが、クリント激怒。ムジョルニア持って取り返してこい!!と怒られシュンとするソー、マジ可愛い。

 

(more…)

【ネタバレビュー】『キャプテン・マーベル』マーベルの名を持つ最強ヒーローの誕生

おなじみ「MARVEL」クレジットでいきなり感動!!

映画冒頭はおなじみ「MARVEL」ロゴのクレジットからスタートでもはやこのクレジット観たら基本満足なんですが、いつもはヒーローのダイジェストなのに対し、今回はスタン・リーのダイジェスト。そしてクレジットの後は「スタン・リーよ永遠に」と文字が映し出され、映画が始まります。

(more…)

【ネタバレビュー】『運び屋』クリント・イーストウッドの集大成ともいえる作品

カールじいさんみたいな口悪ジジイ

主人公、アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は仕事一筋の口悪老人で、娘の結婚にも出席せず家族と疎遠です。

集会に行くも嫌われている様子。

事業に失敗して農場も自宅も差し押さえられ、孤独な余生まっしぐら。

仕事と社交に目を向けた彼には、家族の温もりはありません。

ある日、孫娘に会いに行ったら娘(アリソン・イーストウッド)と鉢合わせ、そっぽをむかれます。

演じているのが実の娘であるため、妙にリアルに写ります。

そりゃそうですよね、結婚式にも出てないとなると顔も見たくないと思うのは当然で妻(ダイアン・ウィ―スト)にも発狂寸前の罵倒の嵐!!

(more…)

【ネタバレビュー】『スパイダーマン スパイダーバース』色んなスパイディでお腹いっぱい!!

物語のつくりはマイルス少年のサクセスストーリー


 

全寮制の学校になじめないマイルス君は選択式の問題をも0点出して辞めたい気持ちです。選択式で0点を出すには答えを分かっていないと出来ないので秀才のようです。

厳しい(愛情の裏返しです)父親よりも叔父のアーロンを慕っていて、高架下でグラフィティをしている時にクモに噛まれます。

“【ネタバレビュー】『スパイダーマン スパイダーバース』色んなスパイディでお腹いっぱい!!” の続きを読む

【ネタバレビュー】『アリータ:バトル・エンジェル』 日本原作をハリウッドがどう表現するのか

「アリータ バトル・エンジェル」の画像検索結果

ユートピア″ザレム”から落ちたサイボーグお姉ちゃん


 

ザレムからのゴミ場から見つけられたサイボーグはまだ幼い少女の様な面持ちや言動であらゆる物事に興味を示します。

サイボーグ博士(イド)との街の散策でヒューゴという青年に出会います。

ここまでで少し事前情報でアリータの目の大きさが気になるという情報を知っていましたが特に違和感は感じませんでした。

むしろサイボーグなのであれくらいの大きさが人間との違いが無意識に区別出来ていいのではと思いました。

 

 

“【ネタバレビュー】『アリータ:バトル・エンジェル』 日本原作をハリウッドがどう表現するのか” の続きを読む