【ネタバレビュー】『チャイルド・プレイ』AI搭載のチャッキー最高!!

スリラー ホラー

スポンサードサーチ

かわいくないため良い意味で愛着がない

「チャイルドプレイ 2019」の画像検索結果

 

従来のチャイルド・プレイは狂気を見せない間は幾分か可愛いフォルムだったためにどうしても愛着が湧いてしまうのですが、今作は最初から不気味なんですよね。

映画冒頭で店に配送される時に箱に入った複数のチャッキーが写るシーンがあるのですが、ただただ怖い(笑)

これ誰が買うの?というツッコミを入れたいくらいの不気味さです。まあこれから狂気を振るうのが分かっているので不気味に見えるのでしょうが。

この時『トイストーリー2』にておもちゃ屋に並ぶバズ・ライトイヤーのシーンを思い出してこのチャッキーが店に並ぶのを想像すると、、、こ・・怖い(笑)

同時期公開の『トイストーリー4』にあえて合わせてきた??

「チャイルドプレイ 2019」の画像検索結果

今作は公開時期に『トイストーリー4』が同時期に公開されています。

子どもたちは「トイストーリー」を観るでしょう。しかし大人たちは今作も観る人も居るはずで(まあR15なので観ようにも観れません)同じおもちゃという題材で真逆の物語を楽しめるわけです。

 

僕なんかまんまとこの手法にやられてしまって、実際にお互いの良さに大満足であります。

今作のPRポスターでは上記のポスターの他にも、

 

関連画像

文字通り無限の彼方にされていたり(笑)

「チャイルドプレイ 2019」の画像検索結果

劇中ではあんなに伸ばしても切れなかったバネが切れてあぶられていたり

「チャイルドプレイ 2019」の画像検索結果

お茶目な顔がジュラシックパークってたり

関連画像

ハッシュドポテトの調理始めみたいになっていたり

宣戦布告がエグいことになっています(笑)

 

こういうのウマいなぁとみていました!公開前はもってこいの良い宣伝ですよこれ!!

 

トイストーリーレビューはこちら↓

【ネタバレビュー】『トイストーリー4』 おもちゃの役割とはなにか、そして選択

AI搭載で現代版ハイテクチャッキーに

「チャイルドプレイ AI」の画像検索結果

従来チャッキーはおしゃべり人形で、次第に狂気をみせていく展開がスタンダードです。

今作はAI搭載に加えて家電とリンクしてアプリで操作可能という子どもに持たせていいの?とツッコミたくなるほどに高性能過ぎるロボットです。

そりゃ悪さしようものならチートですよ(笑)

今作はリブートなので中盤は従来チャッキーのように自ら動いて殺していましたが、終盤のショッピングモールなんかは他のチャッキーともリンクして剃刀付きドローン飛ばしたり、モールのシャッター閉めたりとまさに「現代版ハイテクチャッキー」の完成(笑)

ホラー演出お決まりの明かりが消えるなどの王道シーンは通常 はい来ました~ とダレるところ、今作はチャッキーが操作していると認識できるため飽きずに観れるところがウマい。

グロいのに笑えるシーンが多かった

「チャイルドプレイ 2019」の画像検索結果

パニック映画なのでグロいのはお決まりですが、笑えるシーンも多かったです。

例えばオッサンの顔皮を剥いでアンディ(ガブリエル・ベイトマン)にプレゼントするあたりも面白かったし、アンディがギフト紙に包んでしまったがために最終的に警官の家にというパターンも好きです。

上記画像のように警官が触っているときはハラハラ感と笑いが交差して良いシーンでした。

 

その後に警官の母が殺されるシーンへの動機にもなっていて、無駄なシーンにもなっていないあたり脚本がウマいなと思いました。

マーク・ハミルによるチャッキー

「チャイルドプレイ マーク・ハミル」の画像検索結果

マーク・ハミルといえば『スターウォーズ』のルーク・スカイウォーカーですよね。

その彼がチャッキーの声を演じていて、エンドロールで劇中に流れるアンディへの歌が流れるのですが、歌っていくにつれて不気味になっていき宣伝だけじゃないなと思わせます。

どうしてもあれだけの人気作です、スカイウォーカーのイメージが強すぎるので声での仕事で払拭させるという「イメージの脱却」に見事成功させています。

まとめ:名作を現代版にアレンジした完璧なリブートだと思います。

「チャイルドプレイ 2019」の画像検索結果

今作は現代のIT時代にマッチさせた完璧といって良いリブート作品だと思います。

最近はリブートが多くなってきて『ターミネーター』や『トランスフォーマー』のように作らなくて良かったという作品も多い中プレッシャーもあったように思います。

そのプレッシャーの中でのこの完成度はなかなかのものです。

ただ単にハイテク化させるだけなら良くあるリニューアルとされますが、「おしゃべり人形」というキャラクターの本シリーズであったからこそ違和感なくハイテク化が馴染んだのではないでしょうか。

 

IT/イット』はまだ未鑑賞なのですがそのスタッフが作ったとなれば鑑賞したくなってきました。

続編までに鑑賞して臨みたいと思います!!

映画を自宅で気軽に観ましょう。

「今日は休みだし、家でゆっくり映画を観よう!!」と思っても、前日にレンタルしていれば良いですが、当日思い立った時にはめんどくさいんですよね~。

僕みたいに次の土日にはこの映画観ようと決めている人は稀だと思います。国民一人当たりでの映画館鑑賞率は年に1回ですから(笑)

 

そんな時に使えるのがビデオ・オンデマンドサービスのU-NEXTです!!

家に居ながらリモコン1つで映画を視聴出来るかなり便利なサービス!!

U-NEXTは他のVODサービスよりもラインナップが豊富なので、MARVEL作品やスターウォーズなど有名シリーズも取り扱いあるのが魅力です。

今作のチャイルド・プレイだと

  • チャイルド・プレイシリーズ
  • スタッフ制作の「IT/イット」シリーズ
  • 他パニック映画

と関連作も豊富。

 

U-NEXTを始めて登録すれば31日無料で見放題作品が観られる上に、600円分のポイントが貰えます。

見放題作品にはさすがに新作映画は観れません。

その際にこの600円分のポイントが使えるし、32日からはさらに1200円分のポイントです!ほぼレイトショー1本分の映画が観れるのです!

無料期間中に退会すれば請求は発生しないので、1か月観たい映画だけ観て退会でもOK。

シリーズ続編となると過去作がレンタル出来ないことが多いので過去作の復習にも重宝しています。

U-NEXT 無料トライアルはこちら