【ネタバレビュー】『来る』ホラーエンタテインメント、登場。

ホラー


「来る」の画像検索結果

スポンサードサーチ

人間の闇をこれでもかと表現


関連画像

物語序盤は田原秀樹(妻夫木聡)の実家でのシーンや香奈(黒木華)との結婚式でのシーンで展開していって2人の人間関係を掘り下げていきながらも要所要所に人間の闇の部分を散りばめ、嫌な空気に観客を誘い込む演出が。

華やかな結婚式の中で参加者が新郎新婦の馴れ初めの裏側を愚痴り合ったり、秀樹の実家では親戚のおじさんがセクハラしてたり秀樹の母が香奈を影で育ちを持ちかけて暗いとつぶやいたりと胸くそ悪いシーンは多い。

というのもその胸くそ悪いシーンは、悪霊が寄ってくる部分でもあり、劇場当時で観た時はただ胸くそ悪いものではあったのですが2回目鑑賞の今回は物語を知っている分冷静に観ることができました。

 

何かが ‵来る’ ことへの恐怖感


関連画像

この映画には貞子や伽椰子のように具現化された霊は一切出てきません。

だけど何か’来る’恐怖がすごい。

原作は「ぼぎわんが来る」というタイトルで、映画では「ぼぎわん」を敢えて取り除いています。

「ぼぎわん」という名詞が一種の具現化になると思うので、具現化的な要素が入るとどうしても今までのホラー映画になってしまうと思います。「ぼぎわん」を取ったのはかなり意味のあることではないかと思います。

 

「ぼぎわん」はさまざまな場面で人間の弱い部分に漬けこんでいました。

秀樹には人間的な薄さ、香菜にはコンプレックスである母、真琴(小松菜奈)には産めない身体と。

人間誰しも弱い部分がありますよね。そこに漬けこまれるとなると他人事でなくなる錯覚になって怖さが増します。

霊としての姿は一切見せずにこの怖さを感じさせる辺りが何とも新しい部分ではないかと思います。

 

呪われる人たちのカス加減に差があるのに…


秀樹や香奈の周りの人間に呪いが伝染するのですが、

その人たちの心の闇に差があるのにも関わらず、呪いの影響は均一だったところが少し気になりました。

例えば秀樹の後輩高梨(太賀)と秀樹の親友である津田(青木崇高)。

  • 高梨:秀樹の性格に対して慕っているように見えながらひがんでいた
  • 津田:秀樹を「遊び道具」と思っており、秀樹のものを奪うことに喜びを感じる。実際に秀樹に協力しつつ香奈と身体の関係を持ち秀樹の妻を奪っていた

二人のカスさを比較するとすると完全に津田の方がカス(笑)。秀樹家に「ぼぎわん」を飛び込むお札まで置くというカスっぷりでしたからね(笑)

 

にもかかわらず高梨と呪いの強さに対して差がなかったので違和感を感じてしまいました。

 

前半後半でジャンルが変わったかのような映画に


「来る」の画像検索結果

秀樹・香奈が死に、本格的に比嘉琴子(松たか子)が動き出してからジャンル変わったの?というくらい映画のテイストが変わります。

琴子は警察や政府を動かすほどの人物でありながら、病院の食堂でラーメンを食べたり、真顔でストリートファイタープレイしてたりと意外と庶民派なあたりにジャンルの違いを思わせます。

香奈が死ぬまでかなり重い雰囲気だったので気持ちの中和という意味で良いストーリー展開ではないかと思います。

最恐エンターテインメントの「エンターテインメント」部分ってところですか(笑)

 

琴子が思っていた予想より凶悪な霊ということで、全国から霊媒師が集まるも現場に行くまでに殺される場面もあり凶悪さが分かります。

田原家のマンションにお祓いの準備が始まるのですが、これまた大掛かりなもの!!

お祓いの舞をするためにゼロからステージ作ったり、霊が「来る」時のためなのか電波をキャッチする装置を設置したりとこれお祓いに要るん?っていうものもあってツッコミどころを用意している部分が面白い。

 

ホラー映画というと全体を通して思い映画になることが多いのですが、今作はこういうエンタメが含まれている分新しいジャンルに思えるのがスゴい。

 

まとめ:新ジャンルのホラー映画だと思います。


「来る」の画像検索結果

この映画は一見ただの「ホラー映画」として完結するのもいいのですが、

  • 霊が出てくる
  • 誰か呪われたり死んだりする
  • お祓いする

といったホラーのテンプレに「エンターテインメント」を入れた新感覚のホラー映画でありました。

具体的には秀樹の親戚に吉本新喜劇の青野さん、パパ友の集まりにピスタチオの小澤さん、霊媒師(柴田理恵)のテレビにレギュラーの松本さんが写っていたりと見つける要素もあって怖さが無くなるポイントでありました。

あまりホラー映画は苦手なのですが今作は心が驚かない丁度いい映画ですのでホラー映画が苦手な方でも楽しんで観れる映画です。

 

映画を自宅で気軽に観ましょう。


 

「今日は休みだし、家でゆっくり映画を観よう!!」と思っても、前日にレンタルしていれば良いですが、当日思い立った時にはめんどくさいんですよね~。

僕みたいに次の土日にはこの映画観ようと決めている人は稀だと思います。国民一人当たりでの映画館鑑賞率は年に1回ですから(笑)

 

そんな時に使えるのがビデオ・オンデマンドサービスのU-NEXTです!!

家に居ながらリモコン1つで映画を視聴出来るかなり便利なサービス!

 公式サイト→ <U-NEXT>

 

 

U-NEXTは他のVODサービスよりもラインナップが豊富なので、MARVEL作品やスターウォーズなど有名シリーズも取り扱いあるのが魅力です。

今作の監督 中島哲也監督の作品だと

  • 告白
  • 渇き。
  • 嫌われ松子の一生
  • パコと魔法の絵本

と過去作はほぼ網羅!!

 

U-NEXTを始めて登録すれば31日無料で見放題作品が観られる上に、600円分のポイントが貰えます。

見放題作品にはさすがに新作映画は観れません。

その際にこの600円分のポイントが使えるし、32日からはさらに1200円分のポイントです!ほぼレイトショー1本分の映画が観れるのです!

無料期間中に退会すれば請求は発生しないので、1か月観たい映画だけ観て退会でもOK。

シリーズ続編となると過去作がレンタル出来ないことが多いので過去作の復習にも重宝しています。

 

無料31日トライアルはこちら→ <U-NEXT>